スピーチクラス(テキスト使用)のシラバス

外交官・公務員研修(ゼロ初級対象、8ヶ月)での授業スケジュール例です。
スピーチクラスは、研修開始3ヵ月後(文法クラスでは「みんなの日本語」15課を学習している頃)からスタートします。

外交官・公務員研修についてはこちら

スケジュール1

100分授業×1回で1課学習するペース。
授業構成は、(1)前回学習した課のスピーチの発表(数名)とQ&A、フィードバック、(2)新しい課の導入
スピーチの作成、添削、練習は授業時間外に行っています。


スケジュール1
(初級後半・1ページ)

シラバス1前半
(学習者用)

(初級後半・2ページ)

シラバス1後半
(学習者用)

(初級後半・1ページ)

シラバス1前半
(教師用)

(初級後半・2ページ)

シラバス1後半
(教師用)

(初級後半・2ページ)

スケジュール2(ゆっくり)

100分授業×3回で1課学習するペース。授業の流れは次の通りです。

  • 1回目(100分):新しい課の導入
  • 2回目(1人20-30分):学習者が書いてきたスピーチの添削と練習(個別)
  • 3回目(100分):スピーチの発表(全員)とQ&A、フィードバック


スケジュール2
(初級後半・1ページ)

シラバス2前半
(教師用)

(初級後半・2ページ)

シラバス2後半
(教師用)

(初級後半・1ページ)


アイコン      の説明はこちら


ページの先頭へ